神奈川・横浜・川崎・直葬・葬儀・葬式・家族葬 オフィスシオン横浜

オプション一覧へ
森を美しくする棺 ecoffin[will]
オプション紹介

エコフィン[ウィル]は音楽家の坂本龍一氏が代表をつとめ、国内外で森づくりを手がけるmore trees(モア・トゥリーズ)プロジェクトの一つとして生まれた棺です。間伐材を利用し、売上の一部は新しい森づくりに活かされます。

環境への徹底した配慮

エコフィン[ウィル]の主材は、日本の最後の清流、四万十川上流にあるモア・トゥリーズの森で育ったヒノキの間伐材を集成材にしたものです。恵まれた環境で育ったヒノキは、質もよく香りも上質。もともと、ヒノキは木材の中でも世界最高級を誇ります。中でも四万十ヒノキのブランド価値は貴重だと言われています。もちろん、間伐材だからといっても品質は変わりません。森への貢献と、故人の尊厳を表現するのにまたとない素材なのです。

開けた時の美しさと、お別れの時をより豊かに

エコフィン [ウィル]の特長のひとつに、大きな開口部があります。開けた時の美しさと、お別れの時をより豊かにすることにこだわりました。送る人と故人、集う人とのコミュニケーションを演出します。

細部までこだわりぬいたデザイン

ふたそのもののデザインにもこだわりました。家屋の屋根に用いられる形状”寄棟”をイメージし、四方に下っていく傾斜を作りました。角度を変えて棺を眺めれば、様々な表情を見つけることができます。

職人の技が光る丁寧加工

随所に職人技が光るエコフィン [ウィル]。たとえば、ふたの縁に施されている丁寧な面取り処理もそのひとつ。ふたと棺本体との一体感を生み出しています。ゆるやかなカーブを描く側面にも職人の技がつまっています。

内装にもこだわりを

内装にもこだわりを敷きつめました。三菱レイヨンが開発した、植物由来で生分解が可能な素材アセテート[LYNDA]を採用。自然にやさしく、手触りもやわらなか素材です。故人をふわりと包みます。

more Trees(モア・トゥリーズ)について

モア・トゥリーズとは、世界的音楽家である坂本龍一氏の「もっと木を」という呼びかけでスタートした活動です。
木をふやし、健全な森をふやし、森が吸収するCO2をふやすことを、また森が本来抱えている保水力や生物多様性をはぐくむ力を回復することを、さらには森や水や太陽のめぐみに由来する自然エネルギーに依拠する社会の実現にむかうことをめざしています。

http://www.more-trees.org

価格・費用のご案内

ecoffin[WiLL] 250,000円(税別)
※お客様のご要望や状況によって費用は変動する場合があります。事前のご相談・お見積をお勧めします。